私の妊活の足跡

私は、短大卒業後、一般事務職にて長年従事しておりました。

常に時間に余裕のない環境下で、責任ある業務に

取り組む中、強いストレスに日々苛まれていました。

しかし、それなりの規則正しい生活・定期的な運動を取り入れていたからか、生理痛などの症状もほとんどなく、身体に耳を傾ける機会もほとんどない、20代の日々でした。

 

30代に入り、結婚後は接客に挑戦しました。

雑貨店にて厳しい接客の基本を長年学んできました。シフト制・立ち仕事に変わったこともあり、生活の不規則さと、運動不足、ストレスから

20代の頃とは明らかに違う、身体への負荷を、敏感に感じるようになりました。

 

40代を目前とした今、アロマセラピストとしての現場経験を積み、お客様のお身体から多くの学びを頂きつつ、女性の健康についてより深く考えるようになりました。


<一般不妊治療中>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結婚3年目、32歳から、妊活を始めましたが、なかなかうまく行かず、婦人科の治療を思い切って受け始めました。

 

しかし、人工授精をきっかけとする、感染症による下腹部の激痛・入院から始まり

その後、病院を変えてからも、様々なホルモン療法などが続き、身体の自然治癒力が弱まってきているのではないかと、感じ始めていました。

 

 医師からは、子宮内の血行不良を指摘され続けていました。

子宮内の血流を促す錠剤や漢方を、数種類・多数飲んだものの、一向に改善の変化は見られず・・・。

自分自身でも何かできることはしなくてはと、とにかく身体を温めるべく

アロマトリートメントや鍼灸治療を受けたり、温熱療法・運動等 できる限りのことを取り組み続けました。

しかし、その時の仕事柄の不規則な生活・十分でない栄養摂取・性格的な影響もあるストレスの蓄積。

そんな生活習慣の乱れに対する対処としては、その時の精神面の弱さや、「自分の身体を改善していくための正しい知識」も無く、思うようにやりきれなかったように思います。

そんな中、腰部椎間板ヘルニアや、頸部の損傷なども患ってしまいました。

 


<特定不妊治療中>

 体外受精の段階に入ってから、私が最も恐れていた「子宮腺筋症(せんきんしょう)」の可能性が

確実であると、医師から確定診断され始めました。

子宮腺筋症は、子宮筋層内に何らかの原因で

子宮内膜が入り込むことにより、子宮筋層がどんどん大きく・硬くなっていく、下腹部の激痛を伴う病気です。

 

子宮腺筋症の治療は、手術かホルモン療法のどちらかしかなく・・・。

私の子宮が、そんな状態であることが、分かっている中での、顕微授精の胚移植の決行。

行なった胚移植は全て陰性で終わり、心身ともに気力が無くなり、5年間の不妊治療から身を引きました。

 


その後は、子宮の状態が更に悪化し、生理時の激痛・多量の出血をはじめ、生理時以外の時も、激しい下腹部の激痛に悩まされる日々になりました。

 

その後、決意し、子宮の手術を受けました。

今は、全く痛みの無い生活を取り戻しました。

 

今後は、自分の経験を踏まえ

ご縁があり、巡り会うことができた貴方さまのお身体をととのえ、ご夫婦の目標に一緒に辿り着けるよう、一層技術と知識を磨き、陰ながら精一杯サポートさせていただきたいと、強く願っております。